男性生殖器の構造

概観

ペニスや射精について深く理解するには、まず自分自身の体のしくみについて知る必要があります。医学の専門家ではありませんので間違っているところもあるかもしれませんが、可能な限り正確に記述します。以下に男性生殖器の概観図と各部の名称について示します。

男性生殖器の断面図

男性の生殖器は精巣に始まって外尿道口に終わるまでの一連の長い管と、それに付随するいくつかの分泌腺から成り立っています。精子が直接通る道を精路と呼び、精巣とそれに続く精巣上体、精管、射精管、尿道が含まれます。精路に付随する分泌腺は精液の成分を作り出すもので、精嚢、前立腺、尿道球腺があります。また体の外に出ているペニスや陰嚢を外部生殖器といい、それ以外の体内に収まっている器官を内部生殖器と呼んで区別します。まず各器官の名称と位置について確認していただいた後、各部の詳細な説明をご覧下さい。

(ここで使っている図版はすべてWikimedia Commonsで著作権フリー素材として提供されているものをお借りしました。)

inserted by FC2 system