ザーメンマニアという趣味

ザーメンマニアとは?

ザーメン(samen)とはドイツ語で「精液」を意味する言葉です。ちなみに英語ではsemen(スィーミンのように発音)と呼びます。なぜドイツ語なのかよくわかりませんが、何となくエロい響きがするからでしょうか?(笑) ただ管理人はこの呼び方はあまり好きではありません。普通に「精液」と呼ぶのが一番興奮します。よく精液のことを「精子」と呼ぶ人もいますが、それは明らかな誤りです。精液は精子に液体成分が加わったものなので、実際に出てくるのは精子ではなく精液です。

それで「ザーメンマニア」というのは精液そのものに異常な興奮や愛着を示す人達のことを指します。無理やり日本語に訳せば「精液愛好性癖」みたいな感じになるんでしょうか。また「ザーメンフェチ」と呼ぶこともありますが、同じような意味で用いられます。

ザーメンマニアは意外と多い

お察しの通り、管理人はかなり重度のザーメンマニアです(笑)。もう精液が好きで好きで、精液と聞いただけで興奮してしまいます(笑)。でもこの性癖は決して珍しいものではなく、男女を問わず割と普遍的に存在するようなのです。

女性の場合は自分にないものなので何となくわかる気がしますが、男性にもかなりの割合で存在していることは確かです。たとえばAVにはザーメンマニアというジャンルがあり、精液好きな男性が喜びそうなシーンに特化して高い人気を得ています。男性なのに精液が好きとは不思議な気がしますが、そういうものにも一定の需要があるのです。

もちろん精液なんて汚い、嫌いという男性の方が多いでしょう。そうでなくても精液は単なる排出物でしかなく、それに興奮することはないというのが普通の反応だと思います。でも管理人の推定によると、おそらく男性の約3割くらいは程度の差は別にしてザーメンマニアの傾向があるのではないかと想像しています。そのくらいポピュラーな性癖なのです。

なぜザーメンマニアになったのか?

管理人がいつザーメンマニアになったのか記憶をたどると、中学生の頃に遡ります。僕は初めての射精を夢精という形で迎えました。そのときオチンチンからオシッコとは全く違う白くてネバネバした液体が出てきたことに大きな衝撃を受けてしまいました。それが精液だとはすぐわかりましたが、想像していたものとは全然違って、見た目も触感も匂いもすごくエロいもののように本能的に直感しました。何よりもその中には自分の精子が何億といるのです。そんなエロい液体がものすごい快感とともに自分の体から出てくることに感動して、気がついたら精液に興奮するようになってました(笑)。

精液の魅力

男の象徴

言うまでもなく精液は男にしか作れないものです。それは自分の睾丸や前立腺、精嚢が一生懸命働いて作り上げた生命の結晶。女性の膣に発射すれば子を孕ませる能力を持っています。それを自分の体からも出せるということ、男に生まれた喜びを味わわせてくれます。

プレミアム感(笑)

一回の射精で放出される精液の量は多くても5ml程度。それも一日何回も出せるものではありません。オシッコみたいに一日何回も大量に出るものならありがたみもないでしょう。少量しか出ないからこそ非常に貴重であり、価値があるのです。

見た目と触感

精液はよく白いと言われますが、実際には真っ白な液体ではありません。いろんな成分が混じっているため、射精されたばかりの精液にはマーブル状の模様が見られます。それがいかにも体の中から出てきた感じがしてエロく見えます。日によって濃さが違ったり、少し黄色味を帯びることもあり、違いを観察するのも魅力です。また独特のヌルヌルネバネバした触感はいかにもエロい感じがします。

samen_maniacs_1.jpg(43598 byte)

独特の匂い

精液にはよく栗の花の匂いに例えられる独特の匂いがあります。それは前立腺液に含まれるスペルミンという物質によるものですが、あの匂いはいかにもエッチな香りがします。好きな人にとってはあの匂いを嗅ぐだけで性欲が刺激されます。

生温かさ

射精されたばかりの精液は生温かく、体の温もりが感じられて幸せな気分になれます。

快楽の結晶

自分のものであれ他人のものであれ、精液があるということは興奮して射精し、ものすごい快感があったことを物語ってますよね。それを想像すると興奮します。精液は快感の証拠なのです。

こんな性癖があったらあなたもザーメンマニア!

AVの射精シーンが好き

僕がAVを見るときってよく考えてみると、女優ではなく男優の射精シーンばかり見ていることに気付きました。一番興奮するポイントはそこなんです。男優と合わせて一緒に射精したりして一体感を味わっていました。でも中出しで精液が直接見えないとつまらないんですよね。だから顔射や腹上射精など精液が派手に飛び散るものを好みました。

大量ぶっかけ物が好き

これはもうザーメンマニアの定番でしょう。AVの中には数十人もの男性が自慰をして、一人の女性(男性のこともあります)に次々と精液をぶっかけるというジャンルがあります。これは日本発祥の文化らしいですね。海外でもbukkakeで通じます(笑)。ザーメンマニアにとっては射精シーンだけが見たいわけで、これほど一度に大量の射精を見られるのはお得感があります(笑)。女優の顔がみるみる精液まみれにされていき、胸までドロドロと垂れ落ちていく様子は超エロいですね。最後には発射された精液を容器に集めて無理やり飲ませたりとか、もうマニアにはたまらない興奮を誘いますね。そして自分もあんなことされてみたいとか、変な妄想を抱いてしまいます(笑)。

精液を容器に溜める

これもザーメンマニアの人ならやったことあると思います。空き瓶などに射精して冷凍庫で保存し、その上に次々と射精していくというものです。一回の射精量が少ないので溜めるのはなかなか大変ですが、100mlくらい溜めてクリーム色の液体でいっぱいになると何とも言えない達成感がありますね。これが全部自分の精液なんだと思うとものすごく興奮します。それを解凍すると強烈な匂いにクラクラします(笑)。中には顔に塗りたくったりする人もいるようです。かなり変態的な趣味ですね(笑)。

samen_maniacs_2.jpg(35278 byte)

精液を体に塗りたくる

腹の上などに射精して、体中に精液を塗りたくる行為。精液まみれになりたい願望を擬似的に叶えるものでしょうか。中には精液をローション代わりにして2回戦に突入したりもします。ただ射精後にこれをするのはかなりキツイです(笑)。

自分の精液を飲む

これは究極の行為で、ここまで行くと重度のザーメンマニアです(笑)。管理人は何度も飲んだことがあります。詳しくは「自分の精液を飲む」をお読み下さい。実は自分の精液を飲みたいという願望は珍しいことではなく、全男性の7割くらいが一度は考えたことがあるようなのですが、実行するのは容易なことではありません。射精後のいわゆる賢者タイムが邪魔をしてしまうのです。それでも飲むにはかなりの覚悟が必要です。精液を飲んでも決して美味しいものではありませんが、自分のチンポから出た精液を口の中に入れ、胃の中で消化されて自分の栄養になるということは何とも言えない満足感があります。慣れてくると案外平気になるもので、だからやめられないのです。

顕微鏡で自分の精子を観察する

ザーメンマニアなら必ず自分の精子を観察してみたいと思ったことがあるはずです。といっても顕微鏡がないとできないので、実際に見た人は少ないようです。でも最近は手軽に観察できるキットも販売されてますし、安い学習用顕微鏡でも何とか見ることは可能です。管理人ももちろん観察しました。詳しくは「自分の精子を観察する」をお読み下さい。実際に自分の精子が動き回っているのを見ると感動ものですよ。自分の体すごいと思っちゃいます。

ゴミ箱を漁る

ビデオボックスやラブホテルなどに備え付けのゴミ箱を漁って精液を拭いたティッシュ、あるいはコンドームを収集する人がいます。管理人はそこまでやったことないですが、弟の部屋に忍び込んでゴミ箱を漁り、オナニーしたばかりと思われる湿ったティッシュを発見したことがあります。広げてみると精液の匂いが強烈にして思いっきり興奮しました。完全に変態ですね(笑)。

他人の射精が見たい

ザーメンマニアなら自分の精液だけでは飽き足りず、他人の精液を見たり触ったりしたいという願望が湧いてくるのは自然なことです。僕はそれが高じて男性とセックスすることに発展しました。動画などで他人の射精を見ることはあっても、実際に目の前で見るのとは全然違います。勃起したペニスの固さ、射精の勢い、精液の温かさなど、実際に体験してみなければわかりません。そして結局、精液ってみんな同じだということに不思議な安堵感を覚えるのです。

ザーメンマニアは健全な趣味!

こうやって書くとザーメンマニアって人にはとても言えない変態的なことをしているようですが、もともと人間の性的嗜好というのは千差万別で、他人から見れば変態であってもそれを好む人もあり得るのです。だからザーメンマニアと判定されても自分が変態だと悩む必要はありません。

ザーメンマニアというのは自己完結性が高く、他人に迷惑をかけることが少ない健全な趣味なのです。性的嗜好は自由ですから、人に迷惑をかけない限り、思う存分精液遊びを楽しめばよいのです。

ザーメンマニアの方はきっと管理人と趣味が合うと思います。共感した方はお気軽にメールでも下さいませ。なかなか人には話せない精液の魅力について語り合いましょう。

inserted by FC2 system