プロフィールに代えて

ごあいさつ

はじめまして。こんなサイトにたどり着いた方は何らかの形で男の生殖器に興味をお持ちの方と想像しますが、挨拶代わりにサイトを作ろうと思ったきっかけを書いてみたいと思います。自分のことばかりになりますが、退屈な方は読み飛ばしていただいて構いません。

自分がオチンチンに興味を持ったのはかなり幼少の頃で、おそらく幼稚園の頃にさかのぼると思います。その頃からすでにオチンチンが勃起することに気づいていました。もちろんそれが何を意味するのかは知る由もなかったのですが、勃起すると何倍にも大きくなって固くなることを不思議だなと思ったり、自分だけがおかしいのではないかと思ったりもしました。それがオチンチンへの興味のはじまりです。

そして小学校の高学年にもなると、勃起は誰にでもあるということを知るようになるのですが、決定的だったのは中学1年になって夢精を体験したことです。最近は性情報が氾濫して夢精を経験する人が少なくなっているようですが、僕はしっかりと夢精で初めての射精を体験しました。その時、すさまじい快感とともに白いネバネバした液体が出てきたことに大変な衝撃を受けてしまいました。それまでオシッコを出すだけの器官であったオチンチンから見たこともない液体が出てきたのですから、驚きも無理はありません。それ以来、すっかり射精のとりこになり(笑)、自分の体のしくみに興味が行って仕方がありませんでした。その後マスターベーションを覚えて、自分で射精をコントロールできるようになったのですが、夢精では直接見ることができなかった自分の射精を見て、さらに驚いてしまいました。オシッコのようにシャーッと出てくるのではなく、ドックンドックンと脈打ちながら出てくること、一度始まったら絶対止められないこと、そして射精した後は急速にペニスが萎んで後ろめたいような気分になることを初めて知りました。もしオシッコのように自分の意志でシャーッと出てくるだけならそんなに興味を持つこともなかったと思いますが、自分の体の一部でありながら自分の意志で制御することができず、まるで別の生物が同居しているような不思議な感覚に非常に興味を持ったのですね。それが射精のしくみを知りたいと思ったきっかけです。

自分のオチンチンに興味を持つようになると、自然の成り行きとして他人のオチンチンも気にならないはずがありません。特に他人のと比べて自分のはどうなのだろうか?ということが気になるわけです。そしてどうやら自分のペニスは人より小さいということが意識されるようになりました。いわゆる短小コンプレックスのはじまりです。当時、平常時のペニスは本当に小さくて、おそらく3~4センチくらいしかなかったのではと思います。陰毛に隠れるとほとんど見えなくなってしまうほどでした。ただ勃起すると見違えるほど大きく立派になることも知っていたので、勃起した自分のペニスを眺めては興奮していました。するとまた他人のペニスが勃起したらどうなるのだろう?ということが気になるわけです。

そしてもう一つ自分を悩ませたのは、ひどい真性包茎だったことです。当時、ペニスの皮が剥けるということは薄々ながら知るようになったのですが、自分のペニスはいつまで経っても剥ける気配はなかったのです。包皮の口が大変狭く、勃起しても亀頭がまったく露出しない上に、皮が大きく余っていました。つまり、どうやっても「剥けない」状態だったのです。そのことが包茎コンプレックスとして自分を悩ませました。そして二十歳の頃、このままでは一生包茎になってしまうという危機感から一念発起して、自力で包茎を治すことを思いつきました。もちろん誰かに教えてもらったわけでもなく、自分で思いついただけですが、とにかくやれるだけのことはやってみようと思ったのです。するとそれが功を奏して、半年くらいの間で完全な露茎に変貌することに成功したのです。

そうやって真性包茎を克服できたところから、自分のペニスに少しずつ自信が持てるようになってきました。日本人の平均的なペニスの長さは12~13センチ程度と言われていますから、周りを見てみると自分のペニスは決して小さくはないということを大人になってから知るようになりました。ペニスというと大きさばかり気にする人が多いですが、大きさがすべてではありません。形の美しさも外せない要素です。自分のペニスは小振りなサイズに似合わず亀頭が巨大であり、いわゆるカリ高であることがわかってきました。それは一般的に好ましいとされているペニスの形状です。そうやって自分のペニスの美点を見つけられるようになると、ますます愛着が湧き、自信も生まれてきます。その後は短小包茎コンプレックスから解放され、人前でも隠すことなく堂々と見せられるようになりました。

もう一つ、歳を取ってくると避けられないのが生殖機能の減退です。それは勃起力の低下や性欲の減退という形ではっきりと現れてきます。自分はまだEDには無縁ですが、いろいろと衰えを感じる部分もあり、他人事ではないと感じ始めています。若いときのような元気がなくなってきたと感じ始めたら危険信号です。人間の生殖機能は25歳前後をピークにして衰え始めると言われ、それは自然の摂理としてどうしようもないのですが、何も手を打たないままでは本当に使い物にならなくなってしまいます。それを少しでも食い止め、若さを維持するためにはどうすればよいかを研究する中で、ネット上に存在する様々な情報を調べて勉強してきました。その中で、男の生殖器というものはきわめて精巧なしくみで成り立っており、同時に非常にデリケートなものであることもわかってきました。ですから些細なことで勃起しなくなってしまったりするわけです。ただ勃起から射精に至るまでの肉体のしくみはとても素晴らしいものであり、そうした知識を踏まえた上で、生殖機能を健常に保つ方法を自分なりに考えたり、実践してみたいと思っています。男性にとって生涯のパートナーであり、無上の快楽を与えてくれるペニスと長く付き合っていくために何をすればよいかを考えるのがもう一つのテーマです。

管理人のプロフィール

年齢

一応、昭和40年代生まれと言っておきましょう。まあ若くはないです(笑)。

体型

身長:166cm 体重:55kg前後

チビですが、この歳になっても体型が崩れていないことだけが自慢です。二十歳の頃よりもはるかにシェイプアップしました。ひそかに細マッチョを目指しています(笑)。ペニスに自信を持つためには体にも自信を持たなければならないという信念から体型維持に努めています。

ペニス

mypenis1.jpg

mypenis2.jpg

上の絵は形がおおよそわかるように特殊加工を施した自分のペニスです。

長さ:14.0cm(押し付け測定で恥骨から)
陰茎の幅:3.0cm
亀頭の幅:4.0cm

自分のペニスは大きくも小さくもなく、ほぼ日本人の平均くらいだと思います。ただ平常時はかなり小さく、6~7cmくらいしかありません。それが勃起すると別物のように巨大化するので、小さい頃から興味の対象になっていました。もとは真性包茎でしたが、二十歳の頃に自力で亀頭を露出させることに成功し、今は完全な露茎になっています。陰茎は細めですが、相対的に亀頭がかなり大きいのが特徴です。亀頭頸のくびれが大きく、いわゆるカリ高のようです。この歳になっても勃起力には自信があり、固さだけはすごいです。昔はコンプレックスから自分のペニスを見られることが嫌でしたが、今は自分のペニスがとても好きなので逆に見せたいくらいです(笑)。

性的なイベント

中1の頃に陰毛が生え始め、同時に夢精を経験しました。それが射精に興味を持つきっかけに・・。そして中3の時にマスターベーションを覚えました。こうやって見るとごく普通ですが(笑)、今どきの子は夢精を経験する人が減っているので貴重な経験だったかもしれません。

性的指向

こんなサイトを作ったことからもわかるように、男性生殖器への強い好奇心から男性の体に興味があります。でもゲイではありません。好きなのは男性の体だけです。いわゆるバイセクシャルということになるのでしょう。おかげで他人の勃起や射精も生で見させていただきました(笑)。

興奮するもの

inserted by FC2 system